脂肪溶解注射は複数回施術して効果がでる

脂肪溶解注射の施術では、痩せたい部位に脂肪溶解剤を注射して、脂肪を溶かしていきます。

 

すると、溶けた脂肪はリンパの流れにのり、尿などで体外に排出されます。

 

使用薬剤には脂肪を乳化させる作用があり、カルニチンやαリポ酸などをブレンドした薬剤が注入される事が多いです。

スポンサーリンク

しかし、医療機関によっても薬剤のブレンド内容は違います。

 

また脂肪吸引のような長いダウンタイムがなく、短時間の施術で部分痩せやセルライト除去を目指す事ができます。

 

主な施術箇所は、顔や二の腕、太もも、おなか、ふくらはぎなどです。

 

利用に適している方は、痛みがなく短時間で部分痩せをしたい方です。

脂肪溶解注射の弱点である即効性

脂肪溶解注射は、脂肪吸引と比べて体への負担が少なく安全性が高いです。

 

また、短時間・低料金で部分痩せが可能な点も魅力になります。

 

しかし、即効性がなく、効果を得る為には5回程度の継続施術が必要です。

 

また、脂肪吸引のように一度の施術で多くの脂肪を取る事はできません。

 

脂肪溶解注射は、脂肪吸引と比べ、施術後に肌のたるみや凸凹ができにくいと言われています。

 

しかし、まれにこれらの症状が出る方もいます。

 

さらに、内出血や腫れなどでダウンタイムが長期におよぶ方もなかにはいます。

 

施術後、日数をへて効果が出ない場合は施術を受けた医療機関に相談して治療計画を再度立てる場合もあります。

 

医療機関にとっては、無料で再施術をしてくれる場合もあります。

 

しっかりと、事前にその様な場合は無料施術が可能かどうかを確認しておきましょう。

 

脂肪吸引ほど施術する医師の技術を必要とはしませんが、セルライトの除去などが目的の場合は医師の技術が関係する場合もあります。

 

ダイエットしてもなかなか落ちない二の腕などの脂肪をなくしたい方や、脂肪吸引でメスの使用に抵抗がある方などは、脂肪溶解注射の施術が最適です。

 

施術を受けた方たちも、1度の施術で効果は実感できない場合が多いと言っています。

 

しかし、回数を重ねて施術をおこなううちに脂肪が減り満足した仕上がりになると言っています。

 

即効性はない施術になりますが、痛みやダウンタイムがない方も多いので、安心して施術が受けられます。

 

脂肪溶解注射は複数回施術して効果がでる関連ページ

脂肪溶解注射の効果
メソセラピーの効果はおなかや腕、背中、脚、顔などの脂肪除去はもちろんですが、リバウンドしにくいのも大きな特長です。 脂肪溶解注射など安全で経済的な最新の治療法で、理想の身体を手に入れましょう。
世界中で利用されている脂肪溶解注射
脂肪溶解注射が世界各国で年齢に関係なく支持されている理由は、薬剤を注射するだけの治療なので、施術に時間もあまり必要とせず、体への負担も少ないためです。
脂肪溶解注射で施術可能な部分
脂肪溶解注射の施術を断られる場合がある部分は目の上下で、それ以外はほぼ施術が可能です。
脂肪溶解注射の施術で使用する薬剤の種類
脂肪溶解注射の薬剤は、最近までPPCとDOCが入っているものが主流でしたが、最近はこれらの成分が入っていない薬剤も登場しています。
脂肪溶解注射の効果を得る為には
脂肪溶解注射は、脂肪吸引と違い一度の施術で大きな効果が出る施術ではありません。何回か施術を継続すると、徐々に効果が表れます。
脂肪溶解注射の施術で注意する点
脂肪溶解注射の検討しているならば、不安な事や質問は必ず治療前に医師に確認しておきましょう。