メソセラピーの種類

メソセラピーに使う成分は1つではありません。選ぶ病院によって成分は異なるのです。

 

これは成分の配合、種類に規定が設けられていないためです。

 

通常、メソセラピーは脂肪の状態によって使う薬剤を決めますが、1度のメソセラピーでは効果は現われにくく、何度か施術を受けなければなりません。

スポンサーリンク

メソセラピーには、フォスファチジスコリン、ヒラルロダーニ、アミノファリン、L−カルニチン、リドカリンなどを使用します。

 

フォスファジスコリンは医薬品の一つであり、高脂血症や脂肪肝といった脂肪関連の治療に使われる脂肪融解成分で脂肪、細胞にゆっくりと浸透し、溶かしていくのです。

 

溶けた脂肪は血中に吸収され、体外に排出されます。

 

ヒラルロダーニはセルライトに効果があり、セルライトの周りの結合組織を破壊してくれます。

 

L−カルニチンは新陳代謝を向上し、脂肪を燃焼させる働き、および溶解した脂肪を取り除きます。

 

リドカンは痛みを軽減してくれます。

 

このように、様々な成分がありますので、理解した上でメソセラピーに臨みましょう。

 

メソセラピーの種類関連ページ

今人気のメソセラピー
メソセラピーは施術そのものが非常に簡単であるというのも大きなメリットで、多忙な人や著名人のように、密かにやせたいという人には打って付けです。
脂肪溶解注射は革新的なダイエット方法
脂肪溶解注射は、革新的なダイエット方法となるでしょうか。この世に数多あるダイエット法に共通している事は、体内からの余剰な質量の排除です。
メソセラピーの費用比較とキャンペーン
メスを使わないため、肌に傷が残る心配のないダイエット方法として注目されているメソセラピーですが、お得なキャンペーンを行っているクリニックもあります。
メソセラピーの副作用
安全性の高いメソセラピーですが、薬剤を用いるのですから副作用がないわけではありません。施術後の腫れ、たるみ、患部の熱などがあります。
脂肪溶解注射の失敗症例も知っておこう
脂肪溶解注射の施術は、医療機関によっても技術差があります。医療機関の選択には、症例数の多い医療機関を選びましょう。
メソセラピーの豆知識
メリットや副作用など、知っておきたいメソセラピーのあんなことやこんなこと。
メソセラピーの費用と歴史
メソセラピーの料金設定は部位ごとに設定されていたり、手のひらの大きさで設定されていたりと様々です。
メソセラピーの口コミとモニター
メソセラピーを受けようか迷っている方には、施術への不安や疑問を持っているでしょう。そのような場合は、メソセラピーに対する口コミやモニターを試してみるといいでしょう。