小顔になれる脂肪溶解注射

脂肪溶解注射の大きなメリットは、皮下脂肪が少ない顔にも施術が可能な点です。

 

小顔になりたい方は、脂肪溶解注射の施術を利用しましょう。

 

脂肪溶解注射は、切らない脂肪吸引として注目されています。

スポンサーリンク

脂肪溶解注射以外の多くの痩身施術では、皮下脂肪がある程度なければ施術できない施術方法が多いです。

 

しかし、脂肪溶解注射を使って薬液を直接脂肪に注入する場合は、脂肪細胞を破壊して溶かしていくので、皮下脂肪が少ない部分にも施術が可能です。

 

その為、二重アゴや頬の肉が気になる女性には最適な施術方法とされています。

 

これらの部分に施術可能な脂肪溶解注射は、女性からも大変に人気が高いです。

 

体重には満足しているが、顔だけがどうしても痩せない方にも最適な施術となります。

 

また、二重アゴや頬の肉を落とし、フェイスラインをスッキリさせたい方にも人気があります。

 

さらに、医療機関によっては目の下のたるみの施術が可能な場合もあります。

顔の脂肪溶解注射で注意したいこと

しかし、顔の皮膚はとても薄いので、脂肪溶解注射の施術直後は腫れや痛み、アザなどが現れる可能性が高いです。

 

その症状は人によっても違いがあり、化粧で隠せる程度の場合もあれば、それ以上に大きく腫れる場合もあります。

 

また腫れが完治するまでの日数も個人差があり、1週間程度から1カ月必要になる方もいます。

 

その為、顔への施術を受ける場合は、人と会う予定がある時期はできるだけ避けて、休日などを利用して施術をおこないましょう。

 

腫れがある程度落ち着いてきたら、施術部分を軽いマッサージをする事で溶けた脂肪が排出されやすくなります。

 

またなかには、皮膚の下にしこりが残る方もあります。

 

その場合も、マッサージをおこなう事で次第に柔らかくなっていく場合が多いです。

 

顔への施術は、1回で効果が出る場合もあります。

 

しかし、脂肪が多い部分は3週間ごとに2回程度の施術が必要となる場合もあります。

 

またしっかりとした効果が現れるまでには、数カ月必要となる場合もあります。

 

小顔になれる脂肪溶解注射関連ページ

顔のメソセラピーとは
二重あごなどの解消にメソセラピーは人気が高まっています。しかも小顔になれるというのですから女性が注目するのも納得です。
顔のメソセラピーの効果と施術方法
顔のメソセラピーの場合は施術の際、保湿やコラーゲンの活性化を促す薬を一緒に使い、しわ、たるみの改善効果も得られます。
美顔と眉毛メソセラピー
ソセラピーは脂肪融解の薬剤を用いて行いますが、この薬剤を変えると、体、顔、育毛などにも効果が期待できます。
顔の脂肪溶解注射
顔にメスを入れるのが怖くても、ただ注射するだけの脂肪溶解注射なら安心できますが、もちろん副作用が全くないという事はなく、脂肪溶解注射を行なって少しの間腫れやアザ出ることがあります。