お腹のメソセラピー

お腹は脂肪が最も着きやすく、中々落ちない部分でもあります。

 

脂肪吸引によって余分な脂肪を除去するという方法がありますが、これは時間や費用がかかります。

 

そこでメソセラピーです。

 

最近注目を集めている美容治療のメソセラピーはメスを使わず、注射で脂肪を除去します。

スポンサーリンク

脂肪吸引よりも費用はかかりませんし、時間も短くて済みます。

 

メソセラピーで使用するのは脂肪溶解注射で、脂肪細胞を溶かし、体外に輩出するのです。

 

そのためリバウンドもしにくいという効果もあります。

 

メソセラピーは元々医療用でしたが、薬剤を代えると美容治療としての効果が認められたのです。

 

メソセラピーはリンパの流れを改善し、脂肪溶解注射によって解けた脂肪を体外に自然に排出します。

 

尿と一緒に体外に出ますから、体内に薬剤や脂肪が残ることはありませんし、脂肪も時間をかけて溶けますから、人にメソセラピーを受けたことを知られることもありません。

 

しかも施術した日から生活も元に戻せますし、入浴も出来ます。

 

負担も少ないメソセラピーでスリムなおなかになりませんか。

ウエストのメソセラピー

メソセラピーは最新の美容医療で、世界ではアメリカやヨーロッパなどを中心に広まっています。

 

日本でもその脂肪融解効果に着目し、導入する施設が増えています。

 

メソセラピーではアミノ酸を主な成分として作られた脂肪溶解剤を使用し、脂肪を融解して体外に排出します。

 

体外に排出する際は尿となって出ますので、体内には残らずリバウンドもしません。

 

通常ウエストが細くなっても、ダイエットをやめるとリバウンドして元に戻ってしまいます。

 

これは脂肪がなくなったように見えただけであり、実際は脂肪はしぼんだだけというためで、ダイエットをやめたらまた脂肪はふくらみ、元に戻るのです。

 

メソセラピーの場合は脂肪を溶かして排出しますから、このような心配はありませんし、施術も日常生活に影響を与えませんから、食事制限をする必要もありません。

 

ですが広範囲にわたる場合、一度に施術することは出来ませんから、脂肪の量や範囲によって何度か受けなければなりません。

 

ですが施術時間は10分ほどと短くすみます。

 

お腹とウエストのメソセラピー関連ページ

メソセラピーでしわ・たるみ、二重あごの改善
メソセラピーは気になる部分だけの脂肪を除去することが出来ますが、これはしわ・たるみや、二重あごなど顔にも有効です。
二の腕・太もものメソセラピー
夏は薄着になり、二の腕や太ももをさらけ出す機会も増えてきますので、注射によるダイエット方法であるメソセラピーを活用してみはいかかでしょう。
脂肪溶解注射は太ももに効果があるのか?
脂肪溶解注射の施術は、セルライトや脂肪を溶かす効果があるので、太もものセルライトが気になる方は脂肪溶解注射の施術を受けられる事が多いです。