メソセラピーでしわ・たるみ治療

注射によるダイエット方法として人気が高まっているメソセラピーですが、顔のしわやたるみにも効果的です。

 

メソセラピーはダイエット以外にも、アンチエイジングとして役立つのです。

 

通常レーザー治療ではしづらい目の周りのシワですが、こちらもメソセラピーで効果を発揮する上に、顔のハリも蘇りますから嬉しい若返り効果ですね。

スポンサーリンク

最近は顔だけではなく、首やデコルテにも注意する人が多く、メソセラピーは首やデコルテにも効果を発揮しますので、たるんでしまった首にも有効です。

 

フランスではメソセラピーは一般的になり、アンチエイジング治療として人気があります。

 

顔の皮膚は脂肪が他の部位よりも少ないので、浅い部分に注射しますので、痛みはなく、時間も15分ほどです。

 

当日から通常の生活を送れますが、化粧、激しい運動、飲酒は避け、肌を休ませまてあげましょう。

メソセラピーで二重あごの改善

二重あごの原因の一つに表情筋の衰退があり、二重あごの改善には、ストレッチ、エクササイズがありますが、続けなければ意味がありません。

 

そこでメソセラピーを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

メソセラピーとは脂肪融解薬を脂肪細胞に注入することで、部分痩せが可能となる治療方法で、気になる部分だけの脂肪を除去することが出来ますが、これは顔にも有効です。

 

顔の場合は二重あごやほほと言った余計な脂肪を落とすために使います。

 

またメソセラピーで使用する薬剤をヒアルロン酸など、保湿成分を含むものに代えると肌のハリはよくなりますから、若返るのです。

 

二重あごの場合は体に比べ脂肪量が少量ですから、施術回数も少なくて済み、あごは外から見ても分かるため、効果も実感しやすいでしょう。

 

ですが、施術後多少の赤み、腫れが残ることがあり、1週間ほど続きますので、気になる方は人に会わないような状況作りが必要です。

 

2回目の施術は2〜3週間後となります。

 

メソセラピーでしわ・たるみ、二重あごの改善関連ページ

お腹とウエストのメソセラピー
お腹やウエストは脂肪が最もつきやすく、中々落ちない部分で、しかもリバウンドしやすいという難点があります。そこでメソセラピーです。
二の腕・太もものメソセラピー
夏は薄着になり、二の腕や太ももをさらけ出す機会も増えてきますので、注射によるダイエット方法であるメソセラピーを活用してみはいかかでしょう。
脂肪溶解注射は太ももに効果があるのか?
脂肪溶解注射の施術は、セルライトや脂肪を溶かす効果があるので、太もものセルライトが気になる方は脂肪溶解注射の施術を受けられる事が多いです。